車 時期 10万キロ 目安

車を売る時期の目安は10万キロって本当?

車を売る時期の目安はいくつかありますが、その中でよく耳にするのは「10万キロ」というのが、よく聞く目安の一つではないでしょうか?

 

これは、多くの自動車メーカーが重要部品の耐用年数から保証期限を5年以内で尚且つ走行距離も10万キロ以内としている場合が多い為です。

 

メーカーは、走行距離が10万キロを超えた場合、故障のリスクが高くなると言う認識のもと車を生産しています。

 

そうは言っても、車は機械ですから、オーナーの使い方次第では10万キロ以上なんのトラブルもなく乗れる場合もあるでしょう。しかし、その場合は、突然の故障やトラブルに遭遇する可能性に留意しておかなければなりません。

 

走行距離10万キロ前後の車によく見られる故障の一つにオイル漏れがあります。これは、エンジンなどに使われているゴム製のパッキンが劣化による硬質化でひび割れ、起こる現象で気を付けなければなりません。こうした故障は、外観では分からない為、定期的にボンネットを開けて、異常がないか確認することをお勧めします。

 

上記の様に、走行距離や年数が進めば修理が必要になる箇所は確実に増えてくるでしょう。だからと言って10万キロを超えた車は、廃車にしなければならないほど決定的な故障が発生するという訳ではありません。メンテナンス次第では、10万キロ以上乗り続ける事は十分に可能です。

 

以上を踏まえ、

 

10万キロを越えた車は買い取ってもらえるのか気になりませんか?

 

買い取ってもらえるとして、いくらで買い取ってもらえるのか?もしくは廃車として逆に出費がかさんでしまうのか。そう言ったお悩みをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますので以下にお答えしていきます。

 

多走行車は廃車にするしかない?

一般的に、走行距離が10万キロを超えた多走行車の場合、査定額は付かないと言われています。だからと言って多走行車は絶対に値が付かないと言うわけではなく、場合によっては高額で売れる事もあります。

 

10万キロを超えた車は、ディーラーに売る場合、人気車種でないかぎり査定額が0円となる可能性が多いようです。また、同じ車種でもディーラーと買い取り専門業者では査定に違いがあり、専門業者なら5万〜10万で売れる可能性が十分にあります。

 

また、買い取り専門業者によっても査定額が異なる為、少しでも高額な値段で買い取ってもらいたい場合は、1社だけに査定をしてもらい判断せず複数の業者で査定してもらった方が有利でしょう。

 

1社だけに査定してもらい売却を決めてしまうと、買い取ってもらいたい車の相場額が把握できず、妥当な値段を提示されたのかどうか判断できません。

 

結果的に安い値段で買い取られてしまう可能性があります。

 

車の査定額は常に変動している為、複数の業者で査定を依頼する事で、その時の相場を把握し、他社と比較する事で、自分が納得のいく値段を提示してくれる業者を見つけられるでしょう。

 

最近はインターネットを利用した査定が出来る業者もあり、自宅にいてもパソコンや携帯で査定してもらえる為、複数の業者に査定を依頼するとしても、手間と時間をかけなくても済むようになってきています。

 

特に査定を依頼したからといって売らないといけないということはないので、気軽に買取相場を確認することができますよ。

 

「カービュー」なら3分で買取価格の相場が見れる!

手続きはたった3分!複数社から一括見積り!

1.地域の会社を選択

2.自分の車の情報を入力

3.名前・メールアドレスを入力

4.入力したらページ下にある『申込む』ボタンをクリック!

最低限の情報を入力
あとは、表示される査定額がいくらになっているか確認!

簡単入力で複数社から一括見積り取得できて
そして最高価格をあなたが選べるのがカービューの車一括査定の魅力です!