車 売却 所得税

車を売却して得たお金に、所得税は課税されない?

車を買い替える際、それまで支払った税金はどうなるのか気になる所ですが、特に気になるのは、売却した場合の所得税がどうなるか、ではないでしょうか?

 

基本的に「生活動産」と見られる物は非課税とされるのですが、通勤や買い物等の使用目的で車を所有している場合、その車は「生活動産」になりますので、売却して得たお金に所得税は課税されません。また、売却損失もなかったものとなりますので、給与所得から差し引く事はできず、申告不要となります。

 

ただし、レジャー使用が目的の車を売却した場合に得たお金は、譲渡所得となり、所得税の課税対象となりますので、申告(売却利益50万円以下を除く)しなければならず、この場合は、売却損失があっても給与所得から差し引く事はできません。

 

次に、車を買い替えた時の自動車税がどうなるのか、ご説明させて頂きます。

 

税金の納付済みで残存期間がある車を買い替えるとしても、基本的には、廃車にしない限り、残存期間分の税金は還付されません。その分、その車が次のオーナーの手に渡っても、そのオーナーは納税義務がありません。

 

また売却した買取店によっては、納税済みの残存期間分を返してくれる場合もあるようなので、車を売却する際、自動車税納付済みの方はお店の人に相談してみましょう。

 

車の課税は、基本的に「4月1日時点での所有者」になりますので、廃車にしない限り、5月に売却しても10月に売却しても、納税義務は飽くまで4月1日に所有している人、になります。

 

しかし、この税金に対する対応の仕方は、ディーラーによって様々で、5月の初めに売却した場合、4月分だけ支払えば、後の税金は販売店で支払う、といった対応を取ってくれる所もあるようです。

 

リサイクル税については譲渡の際に管理手数料を引かれた金額が返却されます。

 

先ほど、車の買い替えの際、基本的に廃車にしない限り税金は還付されない、と書きましたが、ほとんどの場合、買取り価格自体にこれらの税金の還付分が含まれている事が多いので、気になる方は明細書を出してもらい確認してみて下さい。

 

廃車にした場合、税金はどうなるのでしょうか? 先にも説明した通り、車の税金は4月1日時点での所有者に課税されるので、3月末までに廃車にしていれば、その車の税金はかかりません。しかし、新たに購入した車については、もちろん月割りで支払わなくてはなりません。

 

「カービュー」なら3分で買取価格の相場が見れる!

手続きはたった3分!複数社から一括見積り!

1.地域の会社を選択

2.自分の車の情報を入力

3.名前・メールアドレスを入力

4.入力したらページ下にある『申込む』ボタンをクリック!

最低限の情報を入力
あとは、表示される査定額がいくらになっているか確認!

簡単入力で複数社から一括見積り取得できて
そして最高価格をあなたが選べるのがカービューの車一括査定の魅力です!